running for life

夢はサブ3! 走った後の生ビールが大好物です。

2018東京マラソン エントリー

八月に突入しました。
いやぁ、時間がたつのは早いです。
ゆっくりする時間がないまま八月を迎えてます。
きょうは、ボルトの引退レースでしたね。
三連覇はならなかったけど、お疲れ様!
さて、東京マラソンのプレミアム会員を継続してしまったので、2018東京マラソンにエントリーしました。
スタートまで1時間 整列していないといけないので、正直 あんまり走りたくないんだけどな。
東京の裏レース 深谷ハーフの方が走りたい(笑)
#東京マラソン

オレのビワイチ 振り返り

滋賀県民にはお馴染みだけど、東京都民からしたら、結構 遠い琵琶湖。
琵琶湖一周 通称 ビワイチ!
予定していた北湖一周 150kはできなかったけど、まぁ 楽しめたな^_^
次回は未踏部分を走ってcompleteしようっと。
ビワイチの準備などまとめておきます。RUNでビワイチやりたいランナーには参考になるかも。
==========
◾︎ビワイチの時期、日程、走力など
ボクはフルマラソン3時間チョイの市民ランナーです。
せっかく琵琶湖一周するんですから、一回でcompleteしたいですよね?
すると…夏場は避けるべきでしょう\(//∇//)\
今回、気温は30度越えが平均で、マックス33度の表示がありました。湖畔はほとんど日陰がありません。走ってて、春か秋ならもっと楽しめたのになぁと思うことは何度もありました。
ボクは夏に弱いので、無理せずにビワイチcompleteは次回に持ち越しました。
秋か春がいいです。断然!
冬は、琵琶湖北部が雪深くなんとなく寂しいビワイチになってしまいそうです。
==========
◾︎コース取り。右回り、左回り??
ビワイチの難所は、北部の山越えです。山越えをどうクリアするのか?がビワイチ攻略のポイントとなります。
夕方に山越えをしないように前泊地を木之本またはマキノにすればいいでしょう。今回はマキノ泊としてプランは良かったのですが…。体力温存のため山越えはエスケープしてしまいました。
右回り、左回りはどちらでも変わらないですね。
==========
◾︎ビワイチの装備
とにかく軽量が最優先事項!
ザック
シャツ 2枚
パンツ 2枚
ソックス 2セット
キャップ
サングラス
日焼け止め
ウエットティッシュ
シャンプー
タオル
長袖のウィンブレ(今回は未使用)
折りたたみ傘(未使用)
カード
パスモ
現金
スマホ
バッテリー
懐中電灯(夜間走にはマストアイテムです。対向車が来たら、車に懐中電灯を向けました。夜間に外を走る人はいないので、ドライバーは人がいないと思ってます。また、側溝は深く、舗装状態が悪いことも多々。懐中電灯ないと怪我のリスク大です。)
ジップロック(雨が降っても走るので、ジップロックに荷物は小分けしてパッキングすると便利ですよ。)
==========
◾︎ビワイチのスタートライン
東京からビワイチやるとすると、新幹線の駅でがある米原駅。米原近辺の長浜駅が便利です。
==========
◾︎コンビニ
東京はコンビニで溢れかえってますが、琵琶湖にコンビニはあまりないんです。特に琵琶湖南部以外は、コンビニは少ない。
コンビニを見つけたら迷わすインです。
あと、領収書はもらうといいです。あとで、ランのログになります。
セブン、ローソンにはずいぶん助けられました。日陰が少ない琵琶湖。コンビニをうまく使うことでなんとか凌げました。
以上、オレのビワイチ 振り返りでした。
#ビワイチ 

オレのビワイチ 木之本~長浜


オレのビワイチ 四日目。
最終日です。
記憶薄れてきてますが、アップしておきます。
朝は五時起きで散歩から。
朝焼けが綺麗。

伝統的に行われているヤナ漁が真っ盛りでした。川にヤナと呼ばれるスノコのようなものを川幅いっぱいにセットして、遡上してくる鮎を捕まえるのだとか。

ひときわ目立つ建物。農協でした。
近江米!の米櫃ですね。


朝食は、ホテルの和食セット。まぁまぁですが、、、缶詰のフルーツはダメだよね。

宿泊した奥琵琶湖ホテル。

ホテルから徒歩すぐのインド料理。
本格的なインド料理でしたね。店長のインド人は愛想悪いが、腕はたしかでした。

さて、きょうのRUNですが、、、
ビワイチの最大難所といわれる山越えルート。山越えは気が進まなかったんですよね。
初日の夜間走で暗闇は懲り懲り。
ということで、、、山越えはスキップすることにしました。
マキノ駅。
誰もいないホームで電車を待つ。
セミなど虫の声。ゆったりしたいい時間…。

近江舞子で乗り換えて、木之本駅。今日の起点です。

木之本といえば、ココ!
ココでパンを食べなきゃ。滋賀県民なら誰でもしってる つるやパン。
ここの名物は、サラダパン。たくわんのマヨネーズ和えを挟んだやつ。
この前 食べたんだけど、イマイチなんですよね。ごめん\(//∇//)\

普通のサンドイッチを軒先でいただきました。
ご馳走さまー。



木之本も雪は深そうですね。路面は北国特有の赤茶けてます。

腹ごしらえ済ませて、さて走るよ!
気になる気温はすでに30度越え。気を緩めると走れないので、集中して走ることに。
スマホはOFF。

この写真。
前方にあるのは小谷城跡。浅井長政滅亡の舞台でした。浅井 アザイという地名は今でも残っていました。浅井三姉妹ですが、助命されています。三姉妹でも、長女の茶々は数奇な運命を辿りました。
茶々はのちに豊臣秀吉の側室となり、秀頼の母となりますか、大阪城で徳川家康に滅ぼされることになります。
まさに 諸行無常の戦国絵巻ですね…

小谷城の目の前には、浅井氏を討った織田勢の城。もちろん豊臣秀吉も参戦してます。
この辺りから一面 田圃風景でした。
一気にゴールの長浜駅へ!とはいかず、コンビニに立ち寄りながら走りました。ヘロヘロ。
体感ではキロ5でしたが、たぶんキロ8くらいのスピードでゴール!長浜駅まで戻ってきました。
四日間の走行距離は、105km。途中、電車で二箇所エスケープしました。
ビワイチは150kmなので、75% complete !
四日間走りましたが、ビワイチをやってるランナーには遭遇しませんでした。夏場はやらないよね\(//∇//)\ 平均気温は30度超。33度まで行くと全くダメですね。
夏のビワイチなので、まぁ こんなものでしょう。楽しかったぁ^ ^
==========
長浜駅ビルのトイレで着替えて、ランチは駅前のcafe。これは当たりでしたね。鯛の旨みが染み渡りました。


#ビワイチ #琵琶湖一周

オレのビワイチ 近江高島~マキノ

RUNで琵琶湖一周 三日目です。
夏のビワイチなので、脱水にならないように気をつけながらRUNしてます。
早起きして、今津港。
朝焼けと竹生島。島にわたってしまうのもアリ。この場合、RUNは10k弱になってしまうな・・・これは残念です。

近江今津駅から湖西線で南下して近江高島駅から走ることにしました。


近江高島周辺は静かで、古い街並みでした。
フナ寿司のお店もありました。フナ寿司は匂いが苦手ですがww

高島周辺の道路は赤茶けています。冬の積雪は多い地域なんですね。
北陸地方によくみられる風景です。
冬は雪を溶かすために暖かい地下水を道路に流しているです。地下水には鉄分が含まれているので、それが酸化して道路が赤茶けてしまう。

滋賀県と言えば・・・
この飛び出し注意!の看板が目立ちますね。そんなに人が出ていないところでも安全第一なのでしょうか??

たまに琵琶湖畔に出て休憩。

あっ、こちらも飛び出し注意!
男子女子のバージョンがありました。

奥琵琶湖です。
右手に別荘。左手に琵琶湖。
ランナーなし。チャリなし。
誰もいないRUNでした。
蝉の声。湖の波紋。松林を吹き抜ける風。
キリギリスの鳴き声。
自然をそのまま感じて、ただ走る。
暑さもすべて受け入れて、足裏の感触を確かめつつ、脚を前に進めました。
あーーーなんとも気持ちがいい。

そして、マキノ着です。

ランチは奥琵琶湖ホテルに近いインド料理店。


大丈夫かな??
心配をよそに本格的なインド料理でした。

ナンは自家製。焼き具合もGood
カレーは二種類。
ランチの後は、奥琵琶湖を散策しました。



古い街並みがそこにはあって、
人のぬくもりの様なものを感じる心地いい空間でした。
日常的に時間に追われる日々ですが・・・時間の流れを感じること。
自然に逆らわないこと。
それが、自分の求めているLife styleなのではかいかと考えるいい機会になりました。
ビワイチ三日目 complete
#ビワイチ #奥琵琶湖 

オレのビワイチ 近江八幡~堅田

RUNでビワイチ 二日目です。
湯船に浸かって、ゆっくりできたおかげでカラダの痛みはなし。今日も走れそうだな。
まずは、朝ごはん。
グリーンホテル YES近江八幡ホテルは当たりでした。朝食のビュッフェがいい。

通常の和食に加えて、琵琶湖特産のおそうざいがあります。
赤こんにゃく。あまえび。小魚甘露煮。
特にまめを小エビと甘めに炊いたのがおいしかたですね。
なんといってもごはん!近江米!

地卵も新鮮でまったく臭みなく、TGK。
何杯でも食べれそうでした。
最後の〆はグリーンカレー。グリーンカレーはこのホテル自家製なんだとか。

朝からテンション上がって、よく食べましたね(笑)
=======
チェックアウトしたのが、8時。川沿に走って、琵琶湖に出ます。

膨れたお腹で走り始める。陽が高くなる前に少しでも前に進んでおきたい。
そんな思いをよそに、気温はグングン上がってきました。


8時半すぎに29度。
近江八幡から野洲市に突入!

早くもグタグタになってきて走れない。
日陰のない湖畔ロードですので。
歩きの比率が増えてます。
きのうは6時間40km走り、きょうも40kmはいきたいなと思っていたのですが・・・
早くもギブです。
きょうのゴールは琵琶湖大橋にしました。
あの橋は渡りたい!
=======
守山市に突入!

気温は30度。
日陰なしのためアスファルトからの照り返しもあって体感気温は35度。キロ8がキープできずに歩きを織り交ぜる。
夏のビワイチはキツイよね。
昨日も同業と思われるランナーには遭遇なく、きょうもランナーにはまだあっていない。
こんな気温なら外は走らないよね(笑)
遠くに橋と思われる建造物が見えてきた。

たしかこの辺でサイクリストとすれ違い。
どうにか前に進んで、ようやく橋が近くなってきたぞ。


高層マンションを過ぎると市内になってきた雰囲気だ。
やっとのことで琵琶湖大橋麓にあるモールで休憩した。モールは平日のためかガラガラだった。涼しくて気持ちがいい。
10時半すぎに琵琶湖大橋手前のセブンに入って、パインジュースで休憩。
=======
いよいよ琵琶湖大橋だ!

自動車は有料道路だけれど、ランナーは無料。
歩行者は料金所の隅を通っていくことができる。

ビワイチのイベントとして、走ってみたかったんだよね。琵琶湖大橋!

守山市から大津市の境目です。

女性のサイクリストに抜かされました。
このあたりはサイクリストが多かったです。依然 ランナーはいませんが・・・
琵琶湖大橋を渡り、道の駅 びわ湖大橋米プラザで休憩です。
ビワイチをやってここで休憩しない人はいないんじゃないかというくらいのランドマーク。
体力消耗しつくしていて写真なしw
物産コーナーで、ビール購入。

一番搾り 滋賀県バーションです。
うまかったぁ・・・
内臓に染み渡りました。
ただし、飲んだ後はクラクラしていました。
=======
休憩してから、さあどうしようか?
そんなときに検索で引っかかったのが、琵琶湖テラス。
琵琶湖の展望が素晴らしい!と評判いいみたい。
ビール飲んでしまったし、きょうのRUNはおしまいだ!ということになりました。
走行距離は23k。炎天下のためよしとしましょう。

琵琶湖テラスまでは、バス、JRを乗り継ぐことに。これ、バス停の横 田んぼにいた亀です。のどかだよね。
それから、JR堅田駅のショッピングモールで再びランチ&休憩。
休憩していると急に空が真っ黒になり・・・
土砂降り!
午前中は炎天下だったのにね。
琵琶湖テラスはやめました。天候には逆らえない。仕方ないね。

スタバでcafe time
=======
堅田駅(かたた と読みます。)からは湖西線で近江今津駅まで。
きょうの宿泊はホテル可以登。
当て字を使うのは。。。たぶんあっちの国の人なんだね。
滋賀県は地域的に結構おおいんだよな。

ホテルには16時チェックインしたので、時間タップリあります。
ここも大浴場があって疲れを癒しました。テレビをつけると、、、

東京でもひょうが降ったことが報道されていました。
ひょうは2~3cmもあって、被害が出ているとか。
ビールを飲んだりしてますが、明日に備えて22時には就寝。
ビワイチは続きます。。。。
#ビワイチ #セブンイレブン

FC2Ad