running for life

夢はサブ3! 走った後の生ビールが大好物です。

レースはひとり

某サブ3ランナーの言葉…

ペース走とか、
みんなと一緒じゃないとできない練習もあるけど、所詮、レースはひとりなんだ。

レースはひとり…
走ってるときは、
誰も助けてくれない。
自分でやり切るしかないんです。


ココロに浸み込みました。

その人は、400mトラックを50周走れるんだそうです。たんたんとラップを刻めるんです。同じ景色でも、飽きずに…
自分はまだそこまで強くないです。トラック50周…途中できっと投げ出すことでしょう。

自分には、
まだ決意が足りない…
スポンサーサイト

お彼岸で考えたこと

先週末のこと…
すっかりお彼岸であることを忘れてました。
そこであったホントの話です。


ボクは小さいとき、おばあちゃん子でした。休みの日はよく遊びに連れて行ってもらいました。
いまでも、おばあちゃんの笑顔は記憶してます。
おばあちゃんはボクが小学生のとき、あっけなく他界…すごく悲しかったです。

それから、法事などでおばあちゃんのことを思い出し、冥福を祈ってました。
が、今年は忙しいあまり、お彼岸であることをすっかり忘れていたのです。

そんな秋分の日…
なぜか無性にラーメンが食べたい。
なぜかはわからない。
とにかくラーメン。あのラーメンが食べたい。

あのラーメンとは、、
昔 おばあちゃんとよく食べていたラーメンです。
おばあちゃんが「おいしーよね。ラーメン…」と言って、
ボクが「うん^o^」と返事。
こんな光景が脳裏に残っています。

あのラーメンは、しょう油味。中細縮れ麺。メンマ。チャーシュー。なると。ネギ。ノリ。
いたって普通の東京ラーメンなのですが、旨い。

とにかく、あのラーメンを食べにわざわざ遠回りをして行きました。



あのラーメンはやはりうまかった。
おばあちゃんの声が聞こえてきそうでした。「おいしーよね」って…

LINEで妹にメッセージすると、
「えー、いま。おばあちゃんのお墓参りしてるところ」
ドンピシャのタイミングに驚きました。

おばあちゃんは帰ってきていたんだと確信しました。
姿は見えないけど…おばあちゃんに見守られている。そう思うと、安らかなキモチになりました。
あの世とこの世を繋ぐお彼岸での出来事でした。

ランは足底筋膜炎との戦いで、
パッとしません。
おばあちゃんはなんて言ってくれてるのか、気になりますね。

スタバにて…



スタバで考え事。

目標の設定。
そのマイルストーン。

具体的に、
抽象化はしない。

目標はブレなし。



サブ3


時間軸は、
現実味がいる。
ありえない目標は意味を持たないからだ。

少し時間軸をズラした。
自分が納得できる最低限のラインで。

自分にウソついたり、
誤魔化しはできない。
少なくともお天道様は見ている。

ウルトラマラソンを考える

えちごくびきの、秋田…
楽しみながら走るウルトラマラソンを何本も走りましたが、今年はエントリーしませんでした。

エイドを楽しみながら走るウルトラは、
すごく楽しいんですけど。
カラダへのダメージが大きい。

自分の経験だと、
二週間から一ヶ月は戻りません。
筋肉痛はなくなっても、カラダは思ったように動かない。

フルのトレーニングに影響があるので、
今年はやめました。残念だなー。

ウルトラの楽しみを今年はガマンしたんだもの、フルでは結果が欲しい。

さて、昨日もらったトヨタ博物館カレー。非売品。



期待値が高かったせいか、それほど旨いわけではなかったw

連休最終日。
台風来てますね。
被害など出ませんよーに…

何のために走るのか?

走るってきつい。

レースでなんでこんなことしてるんだろ?

正直疑問に思うことある。


でも、楽しいから走ってる。

その想いを信じて走るしかないね…

FC2Ad