running for life

夢はサブ3! 走った後の生ビールが大好物です。

第25回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン大会

連日の甲斐路入りです。雨が危ぶまれましたが、曇りで行けそう。
降り立った駅は、勝沼ぶどう郷駅
寒い~。おそらく10℃くらいでしょうか。そして、駅から見る始めての景色は・・・・・

ぶどう2

タフそうなコースです。勝沼はぶどうの産地で、アップダウンがきついのはネットで知っていましたが、その景色をみて実感しました
昨日の疲れとして大腿筋に張りはありましたが、なんとか気持ちを前に向けました。
駅からはバスで会場まで、10分で会場入り。
アクセス、受付など大会運営は非常にスムーズでした

会場にはテントがあり、ワインがたくさん並んでいました。
ワインは試飲OKで、スタート前から飲んでいる人もちらほらと
「気付け薬だぁ」と豪快なオヤジさんもいました。

そうしているうちに、11時20分にハーフマラソンがスタート
1kmもしないうちに急な上り坂が出現。正直、きつかった・・・・
まだ体力もあるので、ここは歩かずに乗り切りました。
そして、フルーツラインでは甲府盆地を一望でき、下りということもあり、気持ちよく駆け抜けました。

さて、休憩所は2~3km毎にあり、水しかありませんでした。ポカリが飲みたかった。
きっと協賛メーカーが少ないのですね。
でも沿道にでて声援を送ってくれるぶどう園の人など温かみのある雰囲気でした。

折り返しを過ぎると残り10kmの表示。
そして、たしか13kmくらいを過ぎたところでしょうか、また上り坂。
折れない心で乗り切りたかったのですが、腰の付近がすごく張ってきて危険を感じ、歩きました。
歩きたくなかったですが、しょうがないです・・・・・

勝沼ぶどう駅を過ぎると、のこり3km。
ここからは一気に下り。「やっと帰ってきたな」と思いました。
会場が近くなると沿道の人手が多くなり、元気をもらいました。
そして、白いゴールゲートをくぐり、ゴール
記録は、1時間55分。

ゴールすると、バーコードによる読み取り、チップ回収とスムーズに進み。
完走証も全然待たずにもらうことができました。大会運営がすばらしいです。

ぶどう3

お弁当を食べた後は、お楽しみのワイン試飲とぶどう食べ放題、ぶどうジュースの飲み放題。

ぶどう1
これが食べ放題のぶどうです。甘くて、たくさん食べました。

この大会の特徴をまとめると、

①お弁当(味噌汁付き)、白ワイン(ハーフボトル)がもらえる
③ぶどう食べ放題、ぶどうジュース飲み放題
③ワイン試飲多数
④坂トレーニングに最適

帰りの電車では爆睡して、乗り過ごしそうになりました




スポンサーサイト