running for life

夢はサブ3! 走った後の生ビールが大好物です。

第50回記念 伊達ももの里マラソン大会の参加通知書

第50回記念 伊達ももの里マラソン大会の参加通知書が来ていました。

もものマークがかわいかったので、記念撮影!

写真20

当日、暑くないといいのですが・・・

スポンサーサイト

第50回記念 伊達ももの里マラソン大会

第50回伊達ももの里マラソン大会に参加してきました。
ふ~、暑さにやられました・・・

スタートは午前10時。
前日の天気予報はくもりだったのですが、もの凄い日差しでした。スタート時の気温は30度で高湿度。その後、気温はさらに上昇しました。
スタート前にきついレースになると覚悟しましたが、その通りのレース展開になりました。3kmも走ったところで、汗だくになり早くも心が折れました。レースプランはどこかで行ってしまいました(笑)。暑さと高湿気のため、途中では熱中症で倒れている人が数人も出てました。

ももの里ということでアップダウンが厳しいコースかも?と心配していたのですが、そうでもなかったですね。甲府のぶどう畑に比べれば、ずっとましでした。それから、参加者数は年々増加傾向で、今年は6000人強とのことでしたが、walking,5km,10km,10マイルとコースがわかれていたためか、他のランナーとぶつかることもなかったです。
のんびりした土地柄なのでしょうか、ほんわかとしたfriendlyなレースでした。

さて、丘陵地帯を駆け抜けたレース結果ですが、10マイル(16km)に参加。記録は、平凡な1時間35分でした。5kmを30分で3本走って、残り1kmをダッシュした計算になります。
実際は、最初5kmで貯金作って、あとでバテて、前半の貯金を使い果たすというマラソンのやってはいけない展開でした。暑さのせいとはいえ、残念な結果です。
ブログタイトルにあるサブ3.5を達成するには、5km:25分のペースでフルマラソンを走り終えることなので、そのGapの大きさを再確認することができました。つくばに向けて、9月は走り込まないといけません。

よかったことは、

ももの試食が充実していたこと。つまり、食べ放題に近いサービスでした。
さらに、遠来賞として、ももをおみやげにいただきました。冷やしてから、ゆっくりといただきたいと思います。遠路でかけた甲斐がありました。ありがとうございます~。

100829_ももマラソン2

100829_ももマラソン1

レースを終えて、冷えた生ビールを飲み干すと、辛かったことはすっかり忘れていて、「次のレースはどうしようか?」などと思い巡らせている。
ランニングって、不思議なスポーツですね。

FC2Ad